結婚する前に相手に確認しておくべきこと

結婚と恋愛は別とよく言います。
恋愛はただ相手のことを好きな気持ちがあれば何とかなることが多いですが、結婚はそうはいきません。
こんなはずではなかったと後悔することのないように、結婚を前提としたお付き合いの場合チェックしておかねばならないことがあります。
まず金銭的な面でいうと、借金がないかどうかです。
まさか借金があるなんてと、多くの人はわざわざ相手に聞かないと思われます。
しかし、相手も自分のマイナス面はわざわざ言わないですし、大学などの奨学金の返済がある場合もあります。
しっかり確認しておきましょう。
そしてあとは、宗教に入っているかどうかです。
同棲をしてみて相手が宗教に入っているとわかる場合が多いようです。
宗教に理解がある人なら問題ありませんが、現実はそうでない場合がほとんどです。
お金がかかりますし、イベント行事など考えの相違があったりわかり合うのは難しいところです。
あらかじめ確認しておきましょう。
好きだけでは上手くいかない結婚生活なので、少しでも気になることがあれば話し合うようにしましょう。

結婚式をあげる二人が大切にすべきことは

結婚式で大切にするべきポイントを3つに分けて見ていきましょう。
まずは、主役の二人が満足することです。
そのために、挙式や衣装、ヘアメイク等は自分たちの希望を優先させましょう。
また、一生の記念に残る写真やビデオも、後悔しそうな妥協はしてはいけません。
次に、結婚式が盛り上がるような演出を心がけましょう。
参加した全員の思い出に残るような式にしたいですよね。
会場全体や卓上の装花にこだわるだけでなく、二人でオリジナルの演出を考えるのも楽しいでしょう。
最後に、ゲストに「感謝」を伝える式にしましょう。
二人のことを祝ってくれるゲストが気持ちよく過ごせるように、楽しめるように、細部にまでこだわりましょう。
料理や引出物、さらに、招待状や席札にも二人らしい工夫を凝らしてみるのもいいでしょう。
以上の3つの観点を見てきましたが、二人が何を最も大切にしたいのかで大きく変わってきます。
結婚式は、二人が夫婦として初めて作り上げるものです。
二人で協力し合って、よりよい式を目指しましょう。