おめでた婚が受け入れられるようになった

おめでた婚も受け入れられるようになりました。
かつては、できちゃった結婚と呼ばれ、歓迎されないのが普通でした。
しかし、少子化が進むにつれて、逆におめでたいことと考えられるようになってきたのです。
それにともない、できちゃった結婚からおめでた婚、または授かり婚と呼ばれるようになりました。
とは言え、娘がおめでた婚をする場合、父親は許せない気持ちが強いでしょう。
しかし、頭ごなしに叱るのはNGです。
相手をじっくり見て判断を下すようにしましょう。
冷静に対処することが重要です。
息子がおめでた婚をする場合は、妻や子供を養う自覚と責任をしっかり持つように、親がアドバイスしてあげましょう。
出産の準備はもちろん、新居の準備も早めに進めさせることです。
とは言え、口うるさく言うのはいけません。
親は子供のためと考えてのことでしょうが、子供にも考えがあります。
引くべきところと出るべきところを分かっておかないといけません。

結婚をしない人が増えているのは困ったことです

最近は若い人でも結婚をしない人が増えていますが、老後について考えないのか疑問です。
老後一人では痴呆症が出た時など、施設に入れてくれる人がいないわけでその時のことを考えると子供を作らないと大変なことが認識できていないようです。
若い人はそこまで未来のことを考えないのかもしれないけど、この部分に関して教育する必要性を感じます。
確かに現在、日本は赤字国債を大量に発行していますから、将来日本がどうなるのか分からないと言う部分があります。
それで若い人は将来のことはあまり考えないようにしているのかもしれません。
しかし今の状態で結婚しない人が増えたら、将来的にその人達の老後は誰が見るのかすごく疑問に思いますし、不安になります。
先進国になるほど未婚の人が増える傾向がありようですが、結婚はするべきであることを老後と関連付けて、学校教育で教えるべきではないかと考えます。
すべてを人の自由に任せていたのでは、将来、みんなが困ることになるのではないかと思われます。

最新投稿

  • 妊娠中に結婚式をする場合に気をつけること

    おめでた婚の場合、そうでない結婚よりも色々なことに気を配る必要があります。
    たとえば、挙式や披 …

    続きを読む...

  • 結婚する前に相手に確認しておくべきこと

    結婚と恋愛は別とよく言います。
    恋愛はただ相手のことを好きな気持ちがあれば何とかなることが多い …

    続きを読む...

  • 結婚をするメリットとデメリットに関して

    生涯独身を貫く方が増えていますが、結婚にはメリットもあればデメリットもあります。
    どちらが正し …

    続きを読む...

  • 結婚の当たり前はかわりつつある

    結婚とは人生で1度きりの一大イベントです。
    結婚式を開けば、この日ばかりは誰でもその日の主役に …

    続きを読む...

お知らせ

一覧